槙原寛己のエピソードで打線組んだ

広告



1(遊)当時甲子園最速記録147km、日本プロ野球最速記録155km

2(二)デビュー戦延長10回を投げて1-0の完封勝利

3(一)バース掛布岡田バックスクリーン3連発

4(中)新庄敬遠球サヨナラタイムリー

5(左)対阪神戦通算成績38勝10敗10完封

6(三)1994年日本シリーズ2試合に登板して2勝、18回1失点防御率0.50

7(右)伝説の10.8決戦に先発するも3ランを浴びるなど二回持たず無念の降板

8(捕)三冠王三度のスラッガー落合博満にセーフティバントをさせる

9(投)平成唯一にして2016年現在最後の完全試合

3,4,9番のおかげでTVの仕事がっぽがっぽおじさん

槙さんテレビ慣れしてるからだいたいネタにしてるよな

火傷した次の日フォークばかり投げた
がない

>>
解説「ささくれやな」
槇原「マメが…」
実際「花火で火傷していた」

ネタにされたり野球芸人と化してるけどけっこうすごい人

槇原さんのどっち贔屓とも言えない冷静な解説すこ

完全試合の方がすごいはずなのに
話題は三連発の方が先にあがっちゃうおじさん

>>
実際
三連

>>
三連発って別に優勝もなにもかかってへんのやろ
なのになんでこんなに伝説化してるんやろ

3番とかいうバース級打者のおかげでネタにはほんと困らないんだよなぁ
ただまぁ145超えたら超エースの時代だったのもあるけど凄い投手だったよ。

>>
まあ伝説に残る一試合の槙原より、安定してすごかった斎藤桑田の存在がね…

>>
全盛期の槇原は桑田よりも安定感あったと思うわ

>>
斎藤は?

>>
(比較しては)いかんでしょ

>>
三本柱全盛期のワイのイメージ
斎藤>>槇原>桑田

槇原は間違いなく名投手と言えるんやけど
本人はわりとテキトーに野球人生を送っとったみたいなのも
ある意味、人間的な感じはする

斎藤雅樹 40勝15敗 勝率.727←阪神キラー
槙原寛己 38勝10敗 勝率.792←阪神に弱い
なぜなのか

>>
記録より記憶に残りすぎたからね

>>
2回も阪神戦で後世に語り継がれる事やっちゃったからしゃーない

3番4番の印象が強すぎたが実は阪神キラーなんか

>>
本人もネタにしまくってウハウハやからね
阪神キラーなことは忘れられてる

槙原
「ボクね敬遠サヨナラ打とか三連発ばっかり取り上げられますけど
阪神戦に強いんですよ」

槙原
「完全試合が出ると仕事が減るのでやめてほしい、冗談ですけど(笑)」

槙原って
中日戦でも3者連続ホームラン浴びてるよな

>>
96年に音重鎮、山崎武司、大豊泰昭に打たれてるで

>>
メークドラマの年か・・・
もし中日が大逆転優勝してたらもっとネタになってたんかなぁ

まさか本当に平成で唯一の完全試合達成者になるなんてな

>>
一応まだ平成は終わらない定期

槇原は引退した後の雑誌のインタビューで

「若い頃から節制してれば選手寿命が伸びるのはわかってた。
でも、選手寿命が短くなってもいいから目先の楽しいことを選んだ」

って言ってたのが印象的やわ

>>
これはこれでええわな

>>
当時の選手みんな同じこと思ってそう

>>
「工藤公康は凄く節制してるからまだ現役で活躍出来てる。自分には真似できない」
ってそのインタビューの流れで言ってた

>>

まぁ工藤もプロの中でもストイックなほうやからな
工藤は不摂生で不調になって改めたんやっけ

マッキーも150勝ったんやろ?
150勝は名球会でいいよ

>>
斎藤が180勝、桑田が173勝、槙原が159勝やで

ミリスタの木田引退試合にも来てくれてたしホンマえぇヤツなんやろな

>>
ていうか当時の三本柱って3人ともいい人だよね

タイトルとURLをコピーしました